キャッシングやカードローンの注意点について

不測の事態が生じて現金が必要になった場合、ローンやキャッシングを使えると嬉しいですが、申込み時に気にかけておくべきことは何でしょうか。

キャッシングやカードローンを利用する業者の選択に気を付けなければなりません。非合法すれすれの貸金業を営む業者は回避し、信頼性のおける金融会社からお金を借りるようにすることが重要です。

借りたお金の利息がどんどん膨らんでいったり、恫喝交じりに返済を迫られたりということがあっては大変です。金利は安く設定しておきながら、手数料をふんだくるという手口も存在しています。

非合法な金融会社は審査の基準が緩く、他社から融資を断られたような人でも借りることができるため、つい使ってしまいがちです。

ヤミ金融の中には、銀行を装ったり、有名な金融機関に似せた名前をつけていることもあります。宣伝広告などでも、それらしく見せるために架空の登録番号を掲示したりします。

キャッシングやローンを利用しようとして問い合わせをしてきた人から保証料や紹介料をとるのです。他の業者を紹介して多額の紹介料や手数料を要求します。

場合によっては、紹介費や仲介料という名目でお金を取られるだけ取られて、以後は何の音沙汰もなく、キャッシングもローンも利用できないままということもあります。

タチの悪い業者の中には、クレジットカードの現金化をさせようとするところもあります。クレジットカードで物を買わせて、それを買い取るという形で現金を渡すという方法です。

商品の買い取り金を一部だけ支払い、あとはまた次回と言いながら、行方をくらましてしまうところもあります。キャッシングやローンを利用する時には、くれぐれもヤミ金融に引っかからないようにしましょう。